• ブログ

    片頭痛で嘔吐するのはなぜ?

    偏頭痛は、半日から数日続く発作的な頭痛の一種です。 しかし、多くの場合、片頭痛の発作は丸一日続きます。 片頭痛の主な症状は、特に力を入れたり頭を動かしたりしたときに起こる、強く激しい頭痛です。 次に、片頭痛のその他の症状として、吐き気、光に対する過敏症、倦怠感、集中力の低下などがあります。 なぜ片頭痛では吐いて、他の頭痛では吐かないのでしょうか? 片頭痛の嘔吐の原因は、時に神経性のものである。 偏頭痛は頭の血管に影響を与え、偏頭痛発作で三叉神経の活動が亢進すると、気分が悪くなり嘔吐してしまうのです。 それは、三叉神経が吐き気や嘔吐を調節する脳の一部であるからです。 片頭痛の患者さんの多くは、片頭痛の発作の前に感覚を感じることを報告しています。 これらの感覚は あくび 異常な赤み ムード・スイング 体の不快感 胃のトラブル 足や手が腫れる。 最後に、片頭痛は一部遺伝性があり、通常、1ヶ月に1回程度の発作を起こすと言われています。

  • ブログ

    世界で最も豊かな国

    世界で最も豊かな 国はどこか」という問いは、誰もが一度は抱いたことがあるのではないでしょうか。 例えばアメリカ、あるいは中国がその答えになると考えがちです。 そうではありません。 一方、世界一の経済規模を誇る国もありますが、だからといって自動的に世界一豊かな国になるわけではありません。 ここでは、世界一豊かな国であることと、世界一経済規模が大きいことの違いについて見ていきます。 ヨーロッパ、そして世界で最も豊かな国はどこか、またその計算方法についても言及します。読書を楽しんでください。 世界で最も裕福な国はどこなのか、どうやって測るのですか? その前に、どの国が一番豊かかを測る方法を説明します。 最も一般的なセットは、その国の国内総生産(Gross Domestic Product)の略であるGDPで行くことである。 GDPとは、一国が一年間に生産するすべてのサービスおよび財の価値の総和である。 一人当たりGDPは、その国のGDP総額を人口数で割って算出されます。 これは、各個人の貢献度の平均的な指標となるものです。 米国GNP GDPだけを見れば、米国は世界で最も豊かな国であり、世界最大の経済国の一つである。 しかし、一人当たりのGDPで見ると、アメリカはさらに下の方にある。 これは、巨大な人口と大きな社会的分裂を抱えていることが一因である。 世界で最も豊かな国はどこでしょう? 世界の富裕層ランキングで上位にランクインしている国がカタールです。 スコーネとほぼ同じ大きさの中東にある人口300万人弱の小国。 カタールが世界で最も豊かな国である理由は、膨大な量の石油と天然ガスを世界中に輸出していることです。 また、居住者には所得税がかかりません。 世界で最も裕福な国々 2021 2021年の世界一豊かな国と2020年の世界一豊かな国のリストをいろいろ見てみると、どの国が含まれているかにあまり差はないのです。 2021年に世界で最も豊かな国は、前述の通りカタールであった。 上位にランクインしている他の国々は ルクセンブルク マカオ シンガポール ブルネイ クウェート アイルランド ノルウェー アラブ首長国連邦 サンマリノ スイス 香港 米国 サウジアラビア このリストを見ると、ほとんどの国がヨーロッパ、アジア、中東、そしてアラビア半島にあることがわかる。 米国を除く、北中南米諸国は含まれていません。 また、アフリカの国も関係ありません。 しかも、世界の豊かな国の大半は北半球に位置している。 興味深い事実 豊かな国には必ずと言っていいほど海岸があります。 そうすると、世界の最貧国には海岸線がないことが多く、貿易が困難であることは容易に理解できる。 豊かな国に住んでいるからといって、必ずしもみんなが裕福とは限りません。 貧富の差が大きければ、GDPが非常に高い国もある。 米国がその例である。 しかも、世界で最もGDPの高い富裕国のうち、そのほとんどは規模がかなり小さい。 欧州の富裕層が多い国 ヨーロッパだけを見ると、ルクセンブルグが最も豊かな国のトップである。 ルクセンブルクは、鉄鋼業で繁栄を築き始めました。 現在は、情報技術や主に鉄鋼、ゴム、化学品を生産する工場にほとんど進出している。 この後の国々は、サンマリノを除いて、ルクセンブルクと同じく北欧や中欧に位置する国がほとんどである。 ノルウェー アイルランド スイス サンマリノ オランダ スウェーデン アイスランド ドイツ オーストリア スウェーデンの立場 一国の住民の平均的な富を見ると、スウェーデンは世界の富裕国の中で9位にランクされています。 説明は簡単で、スウェーデンは天然資源が豊富な国であり、国土の広さに比べて人口が少ないからである。 また、EUの中で7番目に大きな経済規模を持つ国でもあります。 各国での特徴一覧 豊かな国やGDPについて語るとき、普通は発展途上国や先進国についても言及する。 Developed Countriesは先進国、Developing Countriesは発展途上国を意味します。 ある国がi国とu国のどちらに分類されるべきかを知るために、通常、次のような要素が考慮される。 国のGDP 年間何人が生まれ、何人が死ぬか 平均寿命 人口増加のスピードはどのくらいか 乳幼児死亡率 リテラシー 社会における女性の位置づけ 食事の栄養レベル 農業に従事する人の数 大規模な市街地がある場合 世界最強の国 世界で最も強力な国であることは、最も豊かな国であることを意味しない。 例えば、ある国が非常に大きな防衛力を持ち、国際的な影響力を持つことがあっても、世界で最も裕福な国の上位にランクされることはありません。 そうすると、先ほどのアメリカの例のように、巨大な経済力、巨大な防衛力、国際的な影響力を持ちながら、一人当たりのGDPがかなり低い国というのもあり得るのです。 中国もしかりです。